忍者ブログ

[PR]

 2018年07月16日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

モノポリーの駒に新しくネコが登場し、代わりにアイロンがなくなってしまうそうです。

モノポリーを知らない方のために簡単にご説明します。

同じところをグルグル回るボードゲームで、自分の駒が止まった場所の土地を購入することができ、相手の土地に止まってしまった場合は、お金を払うというのが、大まかなルールです。

土地はグループになっていて、グループが揃うと、倍のお金をもらうことができ、自分の持ってる土地に家やホテルを建てて、さらに高いお金をもらえるようにすることができます。

それで、延々とグルグル回り、自分以外を破産させれば勝ちというゲームです。

競売があったり、家やホテルの修理代が掛かったりと、ボードゲームながら、かなり本格的になっているのが、長年世界中で愛される理由なのかもしれません。




ニュースを見て久しぶりにモノポリーがやりたくなりました(笑)

WINDOWS XP用のソフトがあるんですが、8でも使えるんでしょうか。

ちなみに、私のお気に入りの駒は馬です。



元のニュースはこちら

モノポリーの駒に新顔「ネコ」登場、「アイロン」は退場
http://topics.jp.msn.com/world/general/article.aspx?articleid=1662078

【2月7日 AFP=時事】世界的に人気のボードゲーム「モノポリー(Monopoly)」の駒がこのほどインターネット上の人気投票で刷新され、発売当初から使われてきた「アイロン」が姿を消し、代わりに「ネコ」が新顔として加わることになった。

 

 人気投票は、発売元の米ハズブロ(Hasbro)がSNSフェースブック(Facebook)で実施。6日に発表された投票結果で、アイロンの退場が決まった。ハズブロによると185か国から投票があり、新しい駒の候補にはおもちゃのロボットやギター、ヘリコプター、ダイヤの指輪などがあったが、ネコが最高得票(31%)を獲得したという。

 

 一方、歴史ある駒たちの中で最初に「残留」が決定したのは、スコッチテリア。手押し車や靴の駒も「絶滅の危機」を免れ生き残った。

 

 ハズブロのエリック・ナイマン(Eric Nyman)副社長は、投票結果について「世界中のネコ好きたちには喜んでもらえるだろう」とコメント。「アイロンの退場は少々寂しくはあるが、モノポリーファンたちがネコを選んだのは素晴らしい。オリジナルの駒と同様、モノポリーを代表する駒になるに違いない」と述べている。 

 

 ハズブロはただちにネコの駒の生産を開始するという。ネコが入った新バージョンのモノポリーが店頭に並ぶのは今年半ば以降で、アイロンの駒入りの旧バージョンを入手したい人は購入を急ぐ必要がある。

(c)AFP=時事/AFPBB News


 

PR
コメント
No title
ネコが流行りなのは日本だけでは無いみたいですねw
Re:No title
>ネコが流行りなのは日本だけでは無いみたいですねw
モノポリーの駒になるくらいですから、ネコのかわいさは世界共通なんでしょうね。
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パソコン一式欲しいー!

転職するならこちら

求人探すならデューダはどうだ?

派遣登録なら

プロフィール

名前…ニートなオヤジ
年齢…30代中
職業…プロのニート
趣味…ネット
自己紹介…30過ぎてもまだニート。
twitter…@neetnotweet

同情したら今すぐ共有!




このエントリーをはてなブックマークに追加

同情クリックお願いします!
にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ