忍者ブログ

[PR]

 2018年09月25日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 mixiで「引き抜かれる男の共通点はセクシーさ!?」というニュースがありました。

どんな人が企業から欲しがられるかが書かれています。

これを読むと、履歴書・職務経歴書の改善点がわかりました。

~ニュース転載~
■企業が欲しい人材とは

 ガイド高野は、人材紹介をする中でこれまで1000社以上の企業経営者の方とお話をさせていただいています。経営ビジョンや戦略、組織運営、採用、教育について伺うことが多いのです。中でも人材について、よく経営者の方の話題にあがることは、以下のような内容です。

 「欲しい人材とは何か?」
 「引き抜いてでも欲しい人材はどんな人か?」
 「絶対にやめて欲しくない人材とはどんな人か?」

 企業にとって人材は、どんなに補強しても足りないと感じるようです。かつてジャイアンツの長嶋監督が、これでもかというほど、新人ドラフトやFA、トレードなどで有力選手を多数採用していましたよね。どれだけのお金を投資しても、試合に勝つためには人材が必要だと考えてのことでしょう。つまり、企業にとって魅力的な人は、必ず求められるというわけです。

 では、企業にとって魅力的な人とはどのような人物なのでしょうか。

 転職をしようとする時に外せないのは、採用面接や試験です。採用面接の前に、その人材について会いたいと思うかどうか書類審査があります。じつは、同じ書類審査でも年齢によって、若干、選考の基準が異なることが多いようです。

 たとえば、20代前半の場合、まだ仕事の実績を出している方が少ないため、学歴や会社名で書類選考を行い、実際に合うかどうかは、面接でといった流れの会社が多いでしょう。20代後半になると、仕事の実績や成果がはっきりしてくるので、職務経歴書に書いてある事実が重視されるようになります。さらに30歳以上になれば、学歴などはほぼ見られることはなくなり、職務経歴書の事実、実績で会う会わないが判断されることとなります。35歳以上になると、仕事の実績のある方については、ヘッドハンティングもよくかかりますし、人脈で転職できるようになっている方が多いです。

 ちなみに、「35歳転職限界説」という言葉を聞いたことがある方も多いかと思いますが、実際に35歳以上になると「転職活動をしないと転職できない人」と「キャリアについて考えていなくても、企業や人材会社からスカウトされる人」にはっきりと区別され、後者の側になれる人が非常に少ないので、結果として35歳転職限界説という言葉がでてきたのだろうと思います。

 近年は求人票に、年齢を書いてはいけなくなりましたので、マクロなデータがわからなくなりました。私が日々仕事で求人について、伺っている限り、20代と30代では、10倍以上の求人の差があり、数だけでいえば、20代の方の求人数が圧倒的に多く、30歳以上の求人は仕事の実績、特に同業界実績や、マネジメントスキル(他社にも通用する)を持っている方が欲しいということになります。上記のようなことを前提として、実際に面接にたどりつけば、あとは「人物次第」で採用するかどうかを決めると、多くの経営者や採用担当者が言うところです。

■引き抜かれる、セクシーな男とは?

 経営者や採用担当者に、欲しい人材について聞いてみると、

 「一緒に働きたいと思った」
 「あの人ならうちで絶対活躍できる」
 「うちの社員ともあいそう」

 などといった人物コメントが多いものです。

 さらに深くつっこんでみると

 「人間的に好き」
 「魅力がある」
 「また会いたいと思う」

 という話になることもあります。

 もちろん面接受験者の能力を判断するべく、行動ベースでのヒアリングを行い、自社の採用水準に達しているかどうかを非常に細かくみてくる面接官もいますが、実はそのようなことをしている方は必ずしも多くはないです。人を見るということ自体は、細かい要件をクリアしてさえすれば、あとは、欲しいと思われるかどうかとうことになります。

 セクシーとはすなわち、「人を惹きつける何か」をもっている人のことではないでしょうか。セクシーという言葉を使うかどうかは別にして、魅力のある人が欲しいとほとんどの経営者の方が口にします。魅力のある人ということを、もう少し詳しくお話いただくと、以下のようなお話がでます。

○挨拶が元気がよく好感がもてる
○笑顔、表情がいい
○身だしなみがきちんとしている
○アピールすべくはアピールし、反省点は反省できている
 (転職理由が上辺だけのコメントではない)
○相手の目をみて、コミュニケーションができる
○質問されるだけではなく、質問を切り返せる
○嫌な質問をされても、顔に出ない
○話が長くなく、簡潔で、要点を得ている

 それぞれの内容は、ほとんど誰でも「やろうと思えばできる」ことかもしれません。しかし、実際にやろうと思えばできるということと、できることは違うことはご存知のとおりです。面接の時間だけうまくやろうとしても日々の習慣とは変えられないものです。

 最後に、つまらない仕事をしびれるほどカッコイイ仕事に変えることを意識した本として、元マッキンゼーのカリスマコンサルタントが語る素晴らしい本があります。ご紹介させてください。

参考図書:
『トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈2〉セクシープロジェクトで差をつけろ!』


 ガイド高野としましても、皆さんに仕事ができる、引き抜かれるsexyな方になっていただくこと心より願っております。
PR
コメント
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL:

パソコン一式欲しいー!

転職するならこちら

求人探すならデューダはどうだ?

派遣登録なら

プロフィール

名前…ニートなオヤジ
年齢…30代中
職業…プロのニート
趣味…ネット
自己紹介…30過ぎてもまだニート。
twitter…@neetnotweet

同情したら今すぐ共有!




このエントリーをはてなブックマークに追加

同情クリックお願いします!
にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ